いろいろな小技(sambaでのfloppyサーバなど)


uim+anthyのインストール (2005/05/18更新)

インストール

# apt-get install uim uim-anthy uim-fep uim-utils uim-xim 

設定

/.zshrc等で

export XMODIFIERS='@im=uim'

BerkeleyDBのインストール (2005/03/21更新)

http://www.sleepycat.com より db-4.3.27.tar.gzを取得します

環境

OS: Vine Linux 3.1 (VineSeed?) (Pichon Lalande) Kernel: linux-2.6.11.2

インストール

% tar zxvf db-4.3.27.tar.gz
% cd db-4.3.27
% cd build_unix
% ../dist/configure
% make
# make install

--prefix指定がない場合は/usr/local/BerkeleyDB.4.3 にインストールされます。

hdparmコレクション

kurobox/HG + ST3200822A

multcount    =  0 (off)
IO_support   =  0 (default 16-bit)
unmaskirq    =  0 (off)
using_dma    =  1 (on)
keepsettings =  0 (off)
readonly     =  0 (off)
readahead    =  8 (on)
geometry     = 24321/255/63, sectors = 200049647616, start = 0

Timing cached reads:   452 MB in  2.01 seconds = 224.88 MB/sec
Timing buffered disk reads:  108 MB in  3.03 seconds =  35.64 MB/sec

OpenBlockSS +

multcount    = 16 (on)
IO_support   =  0 (default 16-bit)
unmaskirq    =  0 (off)
using_dma    =  0 (off)
keepsettings =  0 (off)
readonly     =  0 (off)
readahead    =  8 (on)
geometry     = 11984/16/63, sectors = 40007761920, start = 0

Timing cached reads:   276 MB in  2.01 seconds = 137.31 MB/sec
Timing buffered disk reads:   16 MB in  3.00 seconds =   5.33 MB/sec

CF-A77 + IC25N080ATMR04

multcount    =  0 (off)
IO_support   =  0 (default 16-bit)
unmaskirq    =  0 (off)
using_dma    =  1 (on)
keepsettings =  0 (off)
readonly     =  0 (off)
readahead    = 256 (on)
geometry     = 16383/255/63, sectors = 80026361856, start = 0

Timing cached reads:   344 MB in  2.02 seconds = 170.24 MB/sec
Timing buffered disk reads:   52 MB in  3.06 seconds =  17.00 MB/sec

NetBSD/i386 2.0のインストール

仮想マシン設定

VMware 4.5.2上にNetBSD-2.0のインストールを行います。 物理ドライブにインストールして、このドライブを別のマシンにもっていきNetBSDマシンにする予定です。

仮想マシン(Guest)
Memory: 96MB
HDD: Physical Disk (/dev/hde)
Floppy: file
Network Adapter: NAT

OSインストール

boot1.fs, boot2.fsをダウンロード boot1.fs->boot2.fsとフロッピーから起動してあとは手順どおりにすすむ

pkg

pkgsrc.tar.gzを取得

# cd /usr/
# tar zxf pkgsrc.tar.gz

# cd /usr/pkgsrc/pkgtools/pkg_install
# make clean && make install

# cd /usr/pkgsrc/shells/zsh
# make install

# cd /usr/pkgsrc/editors/emacs-nox
# make install

netperfによる通信速度の測定

NPtcpによる通信速度の測定を行いました。 有線間、および有線/無線間はNECのWR7600Hで接続しています。

IBM 405GP内蔵RTL-8169eepro100IPW2200備考
IBM 405GP内蔵X61 Mbps OepnBlocksS (Linux-2.4.X)
RTL-816961 MbpsX88 MBps 玄箱/HG (Linux-2.4.X)
eepro100 88 MbpsX20 MBpsCeleron300M (Linux-2.6.X)
2200BG 20 MBpsXipw2200ドライバ/802.11g/PenM1.3G (Linux-2.6.X)

bindのインストール <2005/03/12更新>

bind-9.3.1をインストールします。

環境

OS: Vine Linux 3.1 (VineSeed?)。 Kernel: linux-2.6.10

インストール

% ./configure --prefix=/usr/local
% make
# make install

debianでjavaを使う方法

  • http://java.sun.com からjdk-1_5_0_01-linux-i586.bin を取得します。
  • 必要なパッケージをインストールします。
    % su
    # apt-get install java-package java2-common
  • debパッケージを生成し、インストールします。
    % fakeroot make-jpkg jdk-1_5_0_01-linux-i586.bin
    % su
    # apt-get install sun-j2sdk1.5debian
    # dpkg -i sun-j2sdk1.5_1.5.0+update01_i386.deb

debianでパッケージをつくる方法

debian/rulesがあるときは、

% dpkg-buildpackage -rfakeroot

するとバイナリパッケージが生成できる。

sambaによるフロッピーサーバ作成方法

最近はフロッピードライブが標準でついてないWindows PCも多いですが、ごくまれにフロッピーが必要なこともあります。そんなときのためにフロッピードライブのついてるUNIXマシンのフロッピードライブをSAMBAでネットワーク共有できるようにしておけば便利です。このメモは Windowsから samba on linuxでフロッピードライブをネットワーク共有させる方法のメモです。

環境

OS: Vine Linux 3.0 (VineSeed?)。 Kernel: linux-2.6.9

カーネルの設定

以下の設定をしてカーネルをつくりなおします。

CONFIG_FAT_FS=y
CONFIG_MSDOS_FS=m
CONFIG_VFAT_FS=y
CONFIG_FAT_DEFAULT_CODEPAGE=932
CONFIG_FAT_DEFAULT_IOCHARSET="euc-jp"

CONFIG_NLS=y
CONFIG_NLS_DEFAULT="Shift-JIS"
CONFIG_NLS_CODEPAGE_932=y

sambaの設定

/etc/samba/smb.confで

[global]
       unix charset = eucJP-ms
       dos charset = cp932
       display charset = eucJP-ms

       (中略)

[floppy]
      comment = floppy
      path = /misc/floppy
      read only = no
      valid users = user1 user2

システム起動時にsambaを有効にします。

# chkconfig smb on

floppyグループヘユーザ追加

floppyグループにfloppyにアクセスするユーザを追加する。/etc/groupで

floppy:x:19:user1,user2

autofsの設定

  • /etc/auto.masterで
    /misc   /etc/auto.misc  --timeout=10
  • /etc/auto.miscに以下を追加。/misc/floppyのマウント時のgidを/etc/group中のfloppyグループのgidになるようにする。
    floppy          -fstype=auto,gid=19,umask=0002          :/dev/fd0
  • autofsを有効化
    # chkconfig autofs on

DebianでのCD-R焼き方(linux-2.6編)

/usr/share/doc/cdrecord/README.ATAPI.setup 参照。

linux-2.4まではide-scsiを使用していたが、linux-2.6ではide-scsiを必要としない。

  1. CD-Rを確認する
    # cdrecord dev=ATA: -scanbus
    
      ...
    
    Using libscg version 'schily-0.8'.
    scsibus1:
           1,0,0   100) '        ' 'CD-R/RW RW7200A ' '1.10' Removable CD-ROM
           1,1,0   101) *
  2. default設定 /etc/default/cdrecordで
    CDR_DEVICE=cdrw
    cdrw=ATA:1,0,0	12	30m
  3. 確認
    # cdrecord -prcap
  • 高速(12x等)で書き込むと失敗することがある
     低速(4x)であれば書き込めた

Debianでのpppoe設定

カーネル設定

CONFIG_PPPとCONFIG_PPPOE(カーネルモードPPPOE)を有効にします。 今回はモジュールにしてみました。カーネルは2.4.28 on OpenBlockSS。

CONFIG_PPP=m
CONFIG_PPP_MULTILINK=y
# CONFIG_PPP_FILTER is not set
CONFIG_PPP_ASYNC=m
CONFIG_PPP_SYNC_TTY=m
CONFIG_PPP_DEFLATE=m
CONFIG_PPP_BSDCOMP=m
CONFIG_PPPOE=m

上記設定をしてカーネルをつくりなおし。

パッケージインストール

# apt-get install ppp pppoe pppoeconf

pppoeconfで各種設定

/etc/network/interfaces

/etc/network/interfacesで対応するデバイスがupするようにしておく。

auto eth1

/etc/resolv.confが書き換えられないように

自前DNSを見るようにしたいので自動で/etc/resolv.confを書き換えられないように以下を設定

/etc/ppp/peers/dsl-provider ファイルで
usepeerdns
  ↓
#usepeerdns

xdiskusage

duの出力をxduライクにグラフィカルに表示できるツール。 Postscript生成機能もある。

Cソースのsecurityホールをみつけてくれるツール

php5

php-5.0.2はsecurity holeがあるようなのでphp-5.0.3にアップデートします。

環境

  • OS: Vine Linux 3.1 (VineSeed?) (Pichon Lalande)
  • Kernel: linux-2.6.9
  • apache: 2.0.52

インストール

http://www.php.netよりphp-5.0.3.tar.gzをダウンロード

% ./configure  --prefix=/usr/local --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs --with-mysql
% su
# make install

# /etc/init.d/httpd restart

添付ファイル: filedk-milter-0.2.4-strlcpy.patch 774件 [詳細]